November 30, 2014

November 30, 2014 1:00 PM   From: PR

TITLE:LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2014

2014.11.30.1.jpg

先日告知しました、本日11/30(日)に行われる
「LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2014 at CLUB CITTA'」

記念すべきこの日のFES Tシャツ、只今13時より会場にて販売スタートです。

皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

2014.11.30.2.jpg

2014.11.30.3.jpg

November 26, 2014

November 26, 2014 4:13 PM   From: PR

TITLE:LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2014

西新宿から歌舞伎町に移転して、今年で15周年になる新宿LOFT。
それを記念して、11/30(日)にCLUB CITTA'で「LOFT MUSIC & CULTURE FESTIVAL 2014」が
開催されます。

HOWL_544.jpg

今回光栄にもお声掛けいただき、記念すべきこの日のFES Tシャツを制作させていただきました。

HOWL_545.jpg
HOWL_546.jpg

フロントには西新宿時代をご存知の方には、とても懐かしい旧LOFTのステージ写真を、
バックには出演される全アーティストのロゴがプリントされています。

会場でぜひご覧になってください。
思い出深い一日の記念Tシャツになると思います。


2014年11月30日(日)神奈川県 CLUB CITTA'
OPEN 13:00 / START 13:30
<出演者>
a flood of circle / THE BACK HORN / The Birthday / 怒髪天 / NEW ROTEKA & NEW ROTEeKA / OLEDICKFOGGY / SA

DJ:DADDY-O-NOV / MIWAKO(GONNA BALL)/ MORICAWA(Low-Cal-Ball、FRIDAY NIGHT OUT)/ RCF ALL STARS / SATO(URASUJI.)/ TAKESHI(SLAP of CEMENTERY)/ YU-ICHI(LONDON NITE)

<LOFT PLUS ONE エリア>
今井智子 presents 居酒屋ロック / 音楽と人 presents トークライブ / 杉作J太郎&吉田豪のトーク

SHINJUKU LOFT
LOFT FES


HOWL_547.jpg

新たな歴史が刻まれ、伝説になる一日に、関わらせていただいてとても光栄です。
店長・大塚さんありがとうございます。

http://tote-music.com/special/20141108_loft_01.html

November 26, 2014 12:55 PM   From: PR

TITLE:歌乃誉 "白"

本日30周年アニバーサリーイヤー記念盤としてリリースされた怒髪天のアルバム。

HOWL_543.jpg

優しいロックンロールが詰め込まれたアルバムと謳われているとおり、ぐさぐさと胸に突き刺さる歌詞にぐっときます。要所要所に遊びがあるのが怒髪天らしくて、ついつい微笑んでしまいます。

アルバムリリース前の10月20日(怒髪の日)に、中野サンプラザで披露された「ひともしごろ」
今まで以上の曲の世界観に、ライブで観た時に凄く感動しました。
展示会に増子さんが遊びに来てくれた際に、「RUDEのPVみたいになったよ」と言ってくれたPV。

嬉しくて、すぐに増子さんにお礼のメールをしました。
ぜひご覧になってください。

November 25, 2014

November 25, 2014 3:29 PM   From: PR

TITLE:eternity

2013年に開催された「silent flower」から、約一年半ぶりにカメラマンアミタマリ女史が、
12月5日(金)より写真展を開催します。

HOWL_542.jpg

テーマに「永遠」を選び、自身の中の世界観を創り上げていくアミタさん。
永遠を求め、美しく写しだされた写真を観れることが楽しみです。
お見逃しなく。


タイトル : アミタマリ eternity
会期 : 2014 年12 月5 日(金)~ 17 日(水)
開館時間 : 11:00 ~19:00 最終日のみ ~ 18:00 木曜休廊
※初日はトークショーが行われます。
ギャラリートーク : 2014年12月5日(金)18:30 ~ 19:00

会場:G A L L E R Y S P E A K F O R
東京都渋谷区猿楽町2 8 - 2 S P E A K F O R 2 F  
TEL. 0 3 - 5 4 5 9 - 6 3 8 5
http://www.galleryspeakfor.com/


そしてアミタさんが不定期にポートレイトを発表しいるソードフィッシュ
まだ写真を観られたことがないという方がいらしたら、ぜひ覗いてみてください。

November 17, 2014

November 17, 2014 5:27 PM   From: PR

TITLE:2014楽器フェア

日本最大の楽器総合イベント「楽器フェア」が、11/21.22.23に東京ビッグサイトにて開催されます。

HOWL_536.jpg

昨年Epiphone140周年のアニバーサリー記念Tシャツを制作させていただいたご縁で、今回の楽器フェアでGibsonブランドの販促用Tシャツのデザインをさせていただきました。

HOWL_537.jpg
HOWL_538.jpg

このTシャツは会場の販売エリアで、Gibsonブランド(Gibson Custom Shop / Gibson USA / Gibson Memphis / Gibson Montana / Epiphone)製品をお買い上げのお客様にプレゼントされるそうです。
ギターのご購入をお考えの方は数量も限られているので、この機会にぜひ。


Gibsonブランド全てのギターTシャツのデザインをさせていただいたことがとても光栄でした。
Gibson社、関口さん、栗田さん、ありがとうございました。

2014楽器フェア

■会期
2014年11月21日(金)・22日(土)・23日(日)

■開場時間
11月21日(金) 10:00~18:00
11月22日(土) 10:00~18:00
11月23日(日) 10:00~17:00

■入場料
1,500円(前売1,200円) 消費税込、高校生以下、70歳以上無料

■住所
東京ビッグサイト西 1・2 ホール
〒135-0063 東京都江東区有明 3-11-1
http://musicfair.jp/index.html

November 17, 2014 1:47 PM   From: PR

TITLE:Weekend

週末は久しぶりにライブ巡りに。

土曜日は、ミニアルバム「Sweet Doxy」のリリースツアーファイナルを渋谷QUATTROで行った
Large House Satisfactionを観に。
HOWL_540.jpg

酒を一緒に飲んだことがあっても、しっかりライブを観るのは、この日が初めて。
友達から「声がとにかく凄い」と聞いていたけど、確かに要司の声は凄かった。
シャウトするように歌い続け、嗄れることなく一時間半歌いきっていた。
疾走感のある曲が多く、テンポの良いライブ展開であっという間に終演。
また観に行きたいと思う。


日曜日は、遂にフルメンバーになり、ツアーを開始したa flood of circleを観に横浜FADへ。
HOWL_541.jpg

懐かしい曲を含めつつ、ニューアルバム「GOLDEN TIME」の曲をがっつり披露。
前にがつがつ出てお客さんを煽るデュランは、昔からそこにいたかのように、違和感が全く無かった。
ステージでデュランを見る佐々木君が嬉しそうだったのは、やっと正式ギタリストを迎え入れることができた安心感だったのかもしれない。横浜に観にいけてよかった。


November 14, 2014

November 14, 2014 7:05 PM   From: PR

TITLE:ブッチャーズ『血に飢えたPROMO VIDEO』

アルバムのリリース情報をお知らせしましたbloodthirsty butchers
リリース日である本日、川口潤監督が8曲ものブッチャーズサウンドの断片を使用し、
制作したPVが公開されました。

過去の懐かしい映像や、切ないファズの音が何ともグッときます。
決して色褪せることのない音像。


そして、このPV公開と一緒に嬉しいニュースが届きました。
Ba.射守矢さんが、fOULのBa.平松さんとインスト・ユニットを結成。

HOWL_539.jpg

来年の二月四日に、CDをリリースされるとのことです。
唯一アーティストとしての活動がなかっただけに、純粋に嬉しいニュースです。

ベースx2+バスドラのみの音が、どう鳴り響くか楽しみです。

November 10, 2014

November 10, 2014 3:56 PM   From: PR

TITLE:ミシェル・ゴンドリーの世界一周

久しぶりに美術館へ。
ミュージックビデオや、映画監督として知られるミシェル・ゴンドリーの展覧会を観に行ってきました。

HOWL_534.jpg

路地裏、カフェ、電車などのセットが舞台に組まれた体験展示。
細かい仕様に、セットに紛れて写真を撮るお客さんを沢山見かけました。
脚本から撮影までできる参加型ワークショップが行われていて、参加されていたお客さんは楽しそうでした。
ミュージックビデオ作品をフィーチャリングしたインスタレーションの迷宮もあり、細かくずれてコラージュのように流される映像はとても綺麗でした。

HOWL_535.jpg

昨年公開された「ムード・インディゴ」に登場する映画で実際に使われた小道具や、絵コンテがあり、ゴンドリー好きなら必見です。
知らない人でも風変わりな小道具たちが愛おしく見えることでしょう。

来年の1月4日まで行われていますので、ぜひ足を運んでみてください。

「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」
at:東京都現代美術館
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
03-5245-4111 (代表)

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/michelgondry.html

November 6, 2014

November 6, 2014 2:12 PM   From: PR

TITLE:GOLDEN TIME

ギターに新メンバーDuranを迎え1st以来のフルメンバーで制作しリリースされた、a flood of circleの6thALBUM。

HOWL_533.jpg

47都道府県ツアーで得た感情がそのまま落とされたようなリアルな詞や、Duranが加入したことによってギターソロが入ってたりと、明らかに今までと違ったバンドのマインドが窺えます。
特に「Black Eye Blues」や「Party!!!」は、色んな景色を見据えてきたバンドだからこそ、書けた曲だと思う。

今回DVD付き限定盤もリリースされていて、東京キネマ倶楽部3daysのドキュメント映像が収録されています。これはRUDE GALLERYの映像を撮ってくれている沖が撮影しています。
映像はもちろんかっこいいんですが、リハの合間などにメンバーに話しかけインタビューのようにコメントを取っているのはメンバーと仲良く接している沖ならではなので、ぜひこちらを見てほしいです。

このPVも沖が撮影しています。
メンバーが揃ってのライブを、早くライブハウスで観てみたいです。

October 28, 2014

October 28, 2014 1:34 PM   From: PR

TITLE:嗤う分身

秋も映画館で沢山新作が上映されていますが、これからの作品で楽しみにしている一つご紹介します。

近年日本でもドラマ化されたりもしているドストエフスキーの原作。
物語はもちろん、有望な若手俳優が演じているのも気になります。
そして特出すべきは、昭和歌謡が挿入曲として使用されています。
予告編でも曲は使用されていますが、作品全体にどう入り込んでくるか楽しみです。

http://waraubunshin-espacesarou.com/

BACK 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16